• やる気スイッチをONに!部屋も心も整えて夢を叶える!

必要だから買う。

買う時は、そのモノを処分する時の事を考えない。

特に、長く使う予定のモノであればなおのこと。

 

今日は、

家庭内のあるモノを処分する際に、大変な経験をされた方のお話。

 

それは、

金庫です。

 

ある方がお亡くなりになり、家の中のモノを全て処分する事になりました。

高齢であるその方の、長年溜められたモノの量は、ものすごい量だったそう。

その中に、「耐火用金庫」がありました。

 

ダイヤルナンバー × 鍵

その2つを併用してやっと開くタイプの金庫。

しかし、ダイヤルナンバーは、亡くなった本人しか知らない。。。

金庫の中に、何が入っているかわからないまま処分する事もできず、

結局、業者に「開錠」と「処分」を依頼する事になりました。

 

その開錠と処分にかかった金額が、合計でなんと

8万円

だったのです。

 

業者によって、料金の差はあるかもしれませんが、安くないのは確実です。

耐火用金庫は、粗大ごみには出せません。

適正処理困難物とみなされ、粗大ごみでの申込みができないのです。

(ただし、持ち運びのできる金庫は対象となっているなど、詳しくはお住まいの地域の粗大ごみ処理センターへ確認)

 

自宅に金庫を置いている…あまり多くはないかもしれません。

でも、実家やおじいちゃんおばあちゃんの家には?

 

この年末年始、実家へ帰省する、親族で集まる方、

「金庫って、どうやって捨てるかしってた?」

「金庫って、捨てるのに、いくらかかるか知ってる?」

などとクイズを出してみてはいかがですか?

 

おじい様、おばあ様が、

引き継ぐ人が困らないように、自分が元気なうちに身の回りをできるだけ整えておこう!

そんな気持ちを自然ともっていただけるかもしれません。

 

誰も、持ち主が死んでしまった後の話はしにくいものです。

しかし、それを引き継ぎ、処分しなければならない人がいるのも事実。

 

そして、何より大切な事は、

買う時に、処分する時の事を考える。

購入に慎重になるということは、

商品の価格を比べる事だけではありません。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加中。

ポチっと応援お願いいたします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

↓↓↓ちらも、ぜひぜひ♪↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA