• やる気スイッチをONに!部屋も心も整えて夢を叶える!

片付けようと思った時に、どこから手をつけるのかはとっても大切です。

途中で心が折れてしまう場合のたいていは、手をつける順番が間違っている事が多いです。

そこで、手をつけるべき、順序をご紹介します。

片付け場所の順序

  1. 玄関
  2. トイレ
  3. お風呂場
  4. 洗面所
  5. 寝室
  6. 押入れ
  7. 個人の個室
  8. リビング

これは、狭い場所から広いばしょへ。荷物量が少ない場所から多い場所へ。といった流れです。

小さい所でどんどん達成感を味わって、片付けスイッチを切らないままゴールを目指していただきたいです。

そして、

全ての場所に共通する、片付けの手順

手順1.モノを全て出す

全て出すと、どれほどモノを所有しているのか実感できます。
これが、モノに対する価値観をいい方向へ転換するために、とにかく重要です。
失くしたと思っていたモノが出てきたり、同じ種類のモノがいくつも出てきたり…
自分の買い物の仕方を振り返る事もできます。

手順2.不要なモノを処分し、残すモノを決めていく

(あなたに合った分別方法があります!こちらから診断できます)まずは、数年使用していないモノや、壊れているモノで修理不可能なモノなど、すぐに捨てると決断できるモノを、どんどん処分していきます。

そして、少しでも悩むモノは、お悩み中ゾーンへ。
あまりにも、悩み中ゾーンへいく物が多い場合は、こちらを参考にしてみてください。

手順3.お掃除

数年移動させていなかったモノなどもあったかもしれません。
とにかく、不要なモノがなくなり、モノの定位置を決める前のこの段階が、絶好のお掃除チャンス。①ホコリを取り除く⇒②水拭き⇒③乾燥

手順4.モノの定位置を決めていく

よく使うモノを一番取り出しやすい場所へ配置するのが基本です。そして、取り出しにくい場所には、あえてモノを置かない決断もありです。
モノの定位置の決め方は、こちらを参考にしてください。

手順5.ラベルを貼っていく

テプラなどを使用してきっちりとしたラベルを貼りたい人は、仮のラベルで試す事をお勧めします。その場所で本当に使い勝手が良いのかを、しばらく試してみます。
ラベルにもいろいろなタイプのモノがあります。手書きのラベルで良いわという方は、「繰り返しはがせるシール」などを活用して、位置が本決まりになるまで、ラベルを剥がして変更したりが簡単にできるのがおすすめです。

では、次回からは、それぞれの場所別に、片付けレッスンスタートです。

 


ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

↓↓↓ちらも、ぜひぜひ♪↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA