• やる気スイッチをONに!部屋も心も整えて夢を叶える!

お風呂の片付けレッスンです。

毎日の疲れを癒す大切な場所。

お風呂がごちゃごちゃしていたり、カビだらけだと、リラックスできません。

お掃除をする第一歩が、不要なモノを取り除くこと。

必要なモノだけに厳選してアイテム数を減らす事で、掃除もぐんと楽になりますよ。

 

【お風呂の片付け手順】

①不要なモノを処分します。

●お風呂に置きっぱなしにされやすい不要なモノTOP3●

第1位:余分な洗面器

新しく洗面器を購入した場合、古い洗面器は処分しましょう。

壊れる事がまずない洗面器は捨てるタイミングがつかめない方も多いはず。

でも、洗面器はカビの温床になりやすく、2つあればその分、掃除の手間も増えてしまいます。

第2位:シャンプーなどの空き容器

シャンプーとリンスは、同じ時期に使い終わるのが難しいですね。

新商品がいろいろ出てくると、ついつい新しいシャンプーを使ってみたくなります。

そんな時、使い終わらなかったほうの容器は、捨てるに捨てられず、そのまま置きっぱなし…

家族みんなで協力しあって、使い切る!!

それができなければ、「ありがとう、ごめんなさい」で処分しちゃいましょう。

第3位:使わなくなったおもちゃ

小さいお子さんがお風呂を楽しむために、様々なおもちゃをお風呂に置いているお宅は多いです。

口に入れてしまったりする事もあるので、毎日使う場合でも、カビなどには神経を使いますが、

ここで問題なのは、お子様の成長に伴って、すでに使わなくなったおもちゃです。

しばらく使っていないなら、感謝の気持ちで処分する、リサイクルする、など、考えてみて。

 

②お掃除

お風呂の掃除は、【念入り編】と【通常編】と【楽ちん編】をコチラで紹介しています。

 

③「カビ対策・掃除のしやすさ」を考えながら、モノを配置します。

棚のようにうまく小物を収める場所がないつくりのお風呂場の場合、チューブ式の洗顔料や、トリートメントなど、細かいモノをそのまま置いてしまうのは、おすすめできません。

サイズにあったトレイなどに入れておけば、一気に移動できて、掃除が楽になります。

我が家では、100円ショップで購入したカゴに、シャンプーボトルからペット用のシャンプーまで、入れた状態にしてあります。

掃除の時は、そのカゴをひょいと持ち上げ移動する事ができます。

カビ対策として、風呂からでる際には、冷水シャワーを壁一面にかけるのですが、その際に、カゴごと持ち上げて水切りをしておけば、シャンプーボトルの底のヌメリ対策も同時にできてしまいます。

 

カビで苦労しないために、今日から簡単にできる事

 

1、カビは赤いうちに、退治すること。

(簡単に取れるのは赤いうちです。)

2、使い終わったら、冷水シャワーを全体にかけて、一気に温度を下げる。

(カビが元気になる温度は25度前後)

3、洗面器やイスに、水がたまらないような工夫をする。

(引っかけたりして収納できると、自然に水がきれて楽ちんです)

 


ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

↓↓↓ちらも、ぜひぜひ♪↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA