• やる気スイッチをONに!部屋も心も整えて夢を叶える!

トイレの片付けレッスンです。

トイレは、家の中でも一番片付けにとりかかりやすく、一番効果を実感できる場所。

その人の内面は、そのお宅のトイレを見れば一目瞭然。

その会社の将来は、トイレに現れる…などというように、トイレは嘘をつかないのだそう。

 

【トイレの片付け手順】

 

①トイレ内の全てのモノを出し、必要なモノのみに分別する。

 

【置いてしまいがちだけど、ほんとはトイレに置いてはいけないモノBEST3】

1.雑誌や本などの紙類

→邪気・湿気の溜まりやすいトイレに紙は置いちゃいけません。

 

2.ぬいぐるみ、人形などの布製の飾り物

→布製のモノもぐんぐん邪気を吸い込みます。ホコリなど溜まりやすい事もあり、飾りモノを置きたい場合は、陶器のモノをチョイスして。

 

3.マットやハンドタオルなどのストック

→布製のモノは置くべきではない上に、ストックしている間に吸い取った邪気や湿気だらけのタオルで手を拭く事は、トイレの外に、邪気やばい菌などを、せっせと運び出す事になります。

 

こうして、トイレにはできる限り、モノを置かない事が理想。トイレットペーパー、掃除道具、生理用品ぐらいで十分なはずです。

 

②トイレ内の集中清掃

(1)トイレマットを外にだし、粘着ローラーでゴミをとる。洗えるモノは洗濯へ。できれば洗濯可能なモノを!
(2)便器内の汚れがひどい時は、トイレットペーパーにトイレ用洗剤を染み込ませ塗布放置。
(3)ビニール製のスリッパは拭き上げ、布スリッパは底面のみ拭き上げる。
(4)排気口のホコリをハンディーモップで取り除く(ホコリが大量の場合ゴミ袋で受けながら)。
(5)天井に近い戸棚など上のモノから、水拭き→から拭き。
(6)手洗いボウル、蛇口などの清掃。
(7)便器内と、縁の裏側をブラシで汚れを落とす。
(8)トイレ用掃除シートで、下記の順に拭いていく。
便座の表→フタの表→フタの内側→便座の裏→便器のふち→便器の下部分
→ウォシュレットのノズル(先端を支えながら慎重に)
(9)便座を動かせるモノはずらし、トイレシートで汚れを取る。
(10)小物類の拭き上げ(コード類、サニタリーボックス、洗剤、ブラシボックスなど)。
(11)床の水拭き→から拭き。
(12)扉の表→内側、ドアノブを、水拭き→から拭き。
(13)タオルかけのタオルの交換。

 

【トイレの片付け・まとめ】

 

①トイレからモノを全てだし不要なモノの分別、処分

②掃除

ご覧のとおり、トイレは、片付けるというより、掃除をする事が中心となります。

しかし、トイレの掃除をしやすくするためには、余計なモノを置かない事が大前提です。

その他の場所も収納スペースが少なくてお困りの場合でも、トイレだけは避けた方が良いです。

 


ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

↓↓↓ちらも、ぜひぜひ♪↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA