• やる気スイッチをONに!部屋も心も整えて夢を叶える!

毎日使う台所。スッキリすると、本当に毎日が楽になりますよ。

お料理が好きな人、食器のコレクションをしている人には、参考にならないかもしれませんが、今回紹介する台所は、

  • 家事時短
  • 片付けが楽
  • モノの管理がしやすい
  • 家族全員が使いやすい

をテーマにしています。

 

①使う場所の近くにアイテムを配置

↑コンロで使用するアイテムは、コンロの前にぶらさげる!

 

②おおざっぱな人にも管理が楽な、ざっくり収納。

↑キッチングッズは、できるだけひとまとめに。

 

③さっと取り出せる収納

↑鍋・フライパン・ふたは、立てて収納。重ねなければ、取り出しやすい!

 

④ちょっとした仕切りで、取り出す・戻すが楽にできる

 

↑よく使うラップは左側・時々使うその他は右側。仕切りがあるから、使った後にスペースが崩れない!きっちりした仕切りより、ちょっとした仕切りのほうが、おおざっぱな人にも向いています。

 

⑤使わないモノは置かない

 

↑普段使いの食器たち。こちらで家族4人分の食器です。使用中のお茶碗2つがない事以外、この食器で和・洋・中華まで、なんだって盛り付けちゃいます。

 

↑こちらは、カトラリー。このまま食卓に持って行けるので楽ちん。

 

 

↑普段使いのコップたち。食器棚に入れたりせずに、シンク上の水切り場所が、定位置です。

朝昼夕とおやつの時間まで、毎日何度も使うコップは、いちいちしまわないと楽ちん。本当に使う個数分だけしか所有しなければ、常に回転しているから、ホコリをかぶる暇もありません。ワイングラスは家族の中でワインを飲む人の分1つだけ。その他グラスは、ジュースもビールも牛乳も麦茶もなんでもおいしく飲めるし洗いやすいタイプのグラスを選びます。ホット用のカップは、コーヒー・コーンスープ・お茶、なんでもOK。

 

⑥普段使いと来客用・行事使用の物を分けて収納する

 

↑来客時しか使用しないカップや年に数回しか使用しない、お重・かき氷機などは、ひとまとめ。

この吊戸棚の他にも、来客用の大皿や年に数回しか使用しないプレートも、普段使い食器とは分けて、デッドスペースの隙間などを利用して収納。

 

⑦仲間分けをして、1か所にまとめる。

 

↑シンク下の上段。こちらには、台所で使用する洗剤類、ラップの予備、チラシ折りのゴミ箱などを。

包丁ケースの前のスペースは、特に置くものがあるわけじゃなく、予備スペースです。

キッチンペーパーは1ロールではあまり買いませんね。その余りを入れて置いたり。。。

とにかく、収納は8割収納がいいと言われます。隙間があると何か入れたくなるものですが、予備スペースはとっても大事。

 

↑こちらは、シンク下2段目。主に食品庫として使用。カゴごとに、乾物・缶詰・調味料・レトルトなどおおまかに分かれています。こちらをみれば、食品在庫が一目瞭然。ダブり買いをしがちな、調味料や乾物は、特に同じ場所に集めて、立てて収納する事で、在庫管理は楽ちん。

 

⑧家族みんなが使いやすい工夫

 

↑こちらは、吊戸棚。それぞれのカゴに、ラベルを貼る事で、どっちのカゴにしまうんだっけ??の紛らわしさも解消。

基本は、よく使うモノは、一番取り出しやすい場所に。

そして、上の位置にある吊戸棚でも誰でも簡単に取り出せるように、結束バンドでわっかをつければ、簡単な取っ手の完成。あんまりかっこよくなくても、使いやすさ優先。

 

まとめ
  • 家事時短 → 使う場所の近くに置こう
  • 片付けが楽 → 仲間分けして、一か所にざっくり収納
  • モノの管理がしやすい → 1か所管理・立てて収納
  • 家族全員が使いやすい → ラベル管理・仕切りや取っ手などの一工夫

ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

↓↓↓ちらも、ぜひぜひ♪↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA