• やる気スイッチをONに!部屋も心も整えて夢を叶える!

60代の私の母は、洋服をたくさん持っている。

私から見たらですが…

いや、タンスに満タン。そして、クローゼットにみっちりだから、

多いんです。

 

でも、着ていない服が多い。

正確には、着られない服と、着まわせない服と、いつか着るつもりの服がい~っぱいなのです。

季節の変わりめのたびに、きっと今シーズンも着ないであろう洋服を移動しています。

 

「おかあさん、おかあさんの首は一本しかないんですけど…」

私は、何本もの巻き物を眺めてつぶやきました。

でも、巻いていたのを見たことがあるのは、その中の1~2本。

そこが問題ですね。

 

私:「なんでこれ、巻かないの?」

母:「なんか、チクチクするんだよ。」

私:「このスカート、いつ買ったの?」

母:「もらったんだよ。何年も前に。一回もはいてないけど。。。」

私:「なんではかないの?」

母:「どこにはいていくのよ!その派手な柄~」

 

私の母は、使っていなくても、着ていなくても、なかなかモノを手放せません。

それでも、しかたなく手放す時は、とってもせつなそうです。

 

だから、必要に応じて、こんな作戦にでます。

 

親世代に効く作戦

①ちょうだい作戦

この作戦は、母が着ない・使わないモノで、かつ、本当に私が気に入ったモノである場合にのみ決行されます。

なので、本当にたまにしか決行できませんが、私が身に着けたい!使いたいから!というと、喜んで手放してくれます。

 

②老けて見えるよ作戦

これは、毎回毎回使っていては、信用してくれなくなるので、正直にそう思った時は、はっきり伝えます。

洋服の色によって顔色が変わりますものね。女性はいつまでも若くみられたいもの。

 

そして、今日、気付いてしまったんです。

なぜ、同じモノしか着ていないのか…

 

たくさん洋服があるのに、着られない服がたくさんあるその理由が…

それは、

ほとんどの洋服が柄物

であるという事。

 

柄×柄

柄 on 柄

柄 アクセントに 柄

これは、とっても上級者コーディネートではないでしょうか。

 

母は、その上級者コーデに毎朝、頭を悩ませ、

結局、数少ない合わせられる組み合わせで着まわしていたのです。

 

最近のとある朝は、

上から

①ストライプのタートルネック

②大きいチェックのセーター

③コーデュロイのズボン

④花柄の靴下

の目がチカチカするようなイデタチでした。

あとは、水玉と豹柄が揃えば、フルハウスですね?

 

母も、さすがに、柄と柄をあわせる事が難しい事に気づいていようです。

しかし、結局買うのは、柄のモノ。

どうしても、無地のモノを買うと損した気分になるんだそう。

 

こればっかりは、好みだし、

好きな柄の洋服を着て気分があがるなら、そのほうがいい。

 

でも、毎朝、コーディネートに困っている。

 

そこで、最近めずらしく、シンプルな無地のコーディネートをしていた時に、

めちゃめちゃ褒めちゃいました。

ほんとに、最近のイデタチの中では、最高に素敵!と思ったからです。

 

【本日のまとめ】

①親世代には、「ちょうだい作戦」と「老けて見えるよ作戦」でモノを減らしてもらえるかも。

②柄ばかりでは、着まわせない。買う時はなるべく無地モノも。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加中。

ポチっと応援お願いいたします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

↓↓↓ちらも、ぜひぜひ♪↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA